読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お父ちゃんのひとりごと

子育て時々スノーボード

お父ちゃんの今年の抱負

あけましておめでとうございます。お父ちゃんです。

あっ・・・という間に正月休みが終わりました。マッハで駆け抜けたよ。

f:id:otohchan3306:20170104124105j:plain

お気に入りの珈琲を飲みながら、新年1発目のひとりごとを書いていきます~。テーマは、2017年の抱負。

そもそも抱負って何ですか?

年が明けると「今年の抱負は?」と、よく耳にしますが、そもそも抱負って何?目標とどう違うの?

dictionary.goo.ne.jp

dictionary.goo.ne.jp

抱負とは、心の中にいだいている決意や志望のことで、目標とは、行動を進めるにあたって、実現・達成を目指す水準だそうです。抱負と目標、混同して使っていたよ。恥ずかし。

お父ちゃんの今年の抱負

①「嫁はんに習い料理の勉強をする」

結婚するまで自炊なんてほとんどしたことなかったお父ちゃん。少しずつ教わっておりましたが、今年は更なるスキルアップを目指します。

②「下半身を鍛える」

1990年代にご長寿アイドルとして活躍した双子姉妹のお婆ちゃん(妹)の口癖は「人間は足から死ぬ。」だったそうです。人間は足を動かさないと老化が早まるということですね。脚力は腕力に比べて衰えるのが早いなと感じてたので、数年前から意識して鍛えるようにはしておりましたが、今年はより一層トレーニングに励みます。

③「体幹を鍛える」

下半身のトレーニング同様、数年前から続けております。そう、動けるお父ちゃんになるために。正直②と③の抱負は毎年立ててるけどね。

最後に

今回掲げた抱負(特に①)を実現させるために、これから具体的な計画を立てます~。

今年もよろしくお願いします。

そこそこ頑張っていたお父ちゃんのもとにも、サンタクロースがプレゼントを届けてくれました

どもども、お父ちゃんです。

サンタクロースにプレゼントを貰ったのは、息子たちだけではありませんよ~。

お父ちゃんへのプレゼント

父親として夫として家長として、そこそこ頑張ってきたお父ちゃん。今年はなんと、息子たち同様サンタさんからプレゼントを貰うことができました。やったね。

f:id:otohchan3306:20161227114005j:plain

以前、記事にしましたが、長年愛用していたワクシングアイロンが、このありさま。

f:id:otohchan3306:20160421224159j:plain

是が非でも新しいやつが欲しかったんですよね。ありがとうサンタクロース。

本当は、、、

今回頂いたものはガリウムの中で最も安価なワクシングアイロン。ぶっ壊れちまったやつの新機種。本当は、もうワンランク上のTU0153が欲しかったのですが、サンタクロースにも「プレゼント予算」というものがあるそうで、今回は見送られたみたい。仕方がない。贅沢は言えません。

TU0153とTU0154の違い

ワンランク上のアイロン(TU0153)のサイズは、今回頂いたアイロン(TU0154)より、一回り大きい。質量も約1kgあります。TU0154は約620kgです。
ホットワックスをかけるとき、お父ちゃんは小さいタイプしか使ったことがないので、こんなもんだと思っておりましたが、ある程度重さがあるほうがかけやすいらしい。TU0154の箱には『高機能!安定したワクシングが出来る!』と書かれていますが、口コミによると、蓄熱性能もTU0153のほうが高くワクシングもスムーズのようです。まぁでも、お父ちゃん程度の滑走日数(シーズン2~3日)なら、TU0154で十分かな。

最後に

息子たちがスノーボードをするようになりワックスをかける板が増えたら、ワンランク上のアイロンをお願いすることにしよう、サンタクロースに。そのときは、プレゼントの予算が増えているといいね。

お利口さんの息子たちのもとに、サンタクロースが素敵なプレゼントを届けてくれました

こんにちは、お父ちゃんです。

プレゼントを「プゼレント」という長男4歳。カワイイ。とにかくカワイイ。

f:id:otohchan3306:20161225124137j:plain

長男へのプレゼント

昨年のクリスマスから1年、そこそこお利口さんしていた長男。今年もなんとかサンタさんからプレゼントを貰うことができました。

プレゼントを手に喜ぶ長男。

f:id:otohchan3306:20161225122543j:plain

3~4ヶ月前、おもちゃ屋で見かけたこの生コン車に一目惚れした長男。欲しい欲しいと凄まじい駄々をこねました。そのときの記事がこちら。

otohchan3306.hatenablog.com

サンタクロースへの手紙

実は3週間ほど前から嫁はんと息子たちは、嫁はんの実家に帰省中。プレゼントがちゃんと嫁はんの実家に届くように、長男はサンタさんに手紙を書きました。まだ字が書けない長男は嫁はんに手伝ってもらいながら書いたそうです。

f:id:otohchan3306:20161225123405j:plain

あと、サンタさんに欲しいものが分かるように、こんな絵も描いてました。

f:id:otohchan3306:20161225123415j:plain

はい、生コン車です。どっからどう見ても生コン車です。笑

次男へのプレゼント

生まれたばかりの次男に届いたプレゼントはこちら。

f:id:otohchan3306:20161225121413j:plain

「スキップホップ バンダナバディーズ・ストローラートイ」という知育玩具です。鏡やカラフルな歯がため、ガラガラと音が鳴るサルの仕掛けぬいぐるみ。申年の次男だからサルのおもちゃをプレゼントしてくれたのですね。きっと。

泣いて喜ぶ次男坊。

f:id:otohchan3306:20161225123242j:plain

最後に

息子たちよ、来年もサンタさんからプレゼントが貰えるように、そこそこお利口さんでいてください。

もうすぐ12月25日なので、クリスマスに因んだ絵本を紹介するよ

どもども、お父ちゃんです。

先月、次男誕生を祝して1冊の絵本を買いました。今回はその絵本を紹介します。「誕生を祝して」なんて書きましたが、「生まれてきてくれてありがとう」的な絵本ではありません。

のんびりやのサンタクロース

今まで気にも留めてなかったのですが、我が家の本棚にはクリスマスやサンタクロースを題材とした絵本がありません。なんかいいのないかなと入った書店でお父ちゃんの目に止まったもの、それがこの絵本。

のんびりやのサンタクロース

タイトル通り、のんびりしてそうなサンタクロースが表紙です。サンタの後ろにいるトナカイも、のんびりしてそ。笑

大晦日から仕事??

クリスマスが過ぎ、除夜の鐘が鳴り響く大晦日に、のんびりと仕事の支度をするサンタクロースのおじいちゃん。いったい何の仕事ですか??

実はこのおじいちゃん、仲間のサンタクロースの尻拭いをするのです。仲間のサンタはいったい何をしでかしたのか??勘のいい人は、もうお分かりですね。そう、プレゼントを配り忘れてしまったのです。で、のんびりやのサンタクロースのおじいちゃんが代わりに届けるわけですが、思わぬ展開になっていきます。

ゆるゆるなストーリーにマッチした絵に和む

表紙のサンタクロースのおじいちゃんが持っているマグカップに描かれている絵はカタツムリ。のんびりやのサンタクロースだから?(笑)和む。

で、その表紙をめくると、コタツにあたりながら、ゆく年くる年的な番組を観て、年越しソバを食べるおじいちゃん(サンタクロース)という、生活感ありまくりの絵。(笑)和む。

最後に

残念ながらこの絵本、長男の反応はイマイチ。気に入ってくれると思ったのですが、、、。まぁ、次男のために購入した絵本だからいいけどね。次男が今の長男ぐらいになったとき、気に入ってくれるといいね。

さぁ、もうすぐクリスマス。我が家にはちゃんと届くかな、プレゼント。もし届かなくても、大晦日には、のんびりやのサンタクロースが届けてくれるから安心ですね。

楽しいスノーボード 怪我を未然に防ぐために、プロテクターやヘルメットを身につけたほうがいいよという話

おはようございます。お父ちゃんです。

スノーボードをするとき、プロテクターやヘルメットは身につけていますか?怪我を未然に防ぐという意味で、プロテクターやヘルメットは重要なアイテムだと思います。雪面がふわふわで軟らかい状態ならまだしも、カチカチで硬い状態のところで転倒したら、、、。恐ろしい。とか言っているお父ちゃんですが、ヘルメットは被らず帽子だけのときもたまにある。苦笑

お父ちゃんのプロテクター

お父ちゃんが使っているのは「eb's」(エビス)のプロテクター。「eb's」は、グローブやプロテクターなどのスノーボード用品を扱うブラランドです。お父ちゃんはかれこれ10年は愛用しております。使いすぎ?10年ほど前、キッカー(ジャンプ台)を飛んでみたいなと思ったときに、上半身用と下半身用を同時に購入。スノボー人生初のプロテクター。そう、お父ちゃんはそれまで、ノープロテクターでした。

ヒッププロテクター

初心者の頃、転倒時によくケツを強打していたお父ちゃん。痛すぎて楽しさ半減。もっと早くヒッププロテクターだけでも買っておくべきでした。

f:id:otohchan3306:20161220203023j:plain

お父ちゃんが使っているヒッププロテクターはケツだけではなく、ヒザも保護してくれるロングタイプ。いいですよ、これ。スノボーで転けるときヒザを打ちつける場合も結構ありますからね。

ボディープロテクター

パーク(キッカー・レール・ボックスなどが設置されている場所)に入るならヒッププロテクターはもちろんですが、ボディープロテクターも身につけたほうがいいかも。パークでの転倒は強烈です。肋骨・肺・背骨などを護りましょう。

で、これがお父ちゃんが使っているボディープロテクター。

f:id:otohchan3306:20161220201518j:plain

「なんかゴワゴワするー、動きにくーい。」初めて身につけたときの感想。まぁ、そんなゴワゴワも、すぐに慣れるんですけどね。

お父ちゃんのヘルメット

大事なおつむを護ってくれるアイテム、ヘルメット。プロテクター同様、キッカーを飛んでみたいなと思ったときに購入。お父ちゃんがヘルメットを着用しだした当時、ゲレンデでヘルメットを被っている人を見かけることはほとんどありませんでした。最近は安全に対する意識が高くなってきたのか、ヘルメットを被っているスキーヤースノーボーダーが増えてきたように感じます。耐衝撃性といった安全面はもちろん、デザイン性も当時より高くなりましたからね。

で、現在お父ちゃんが使用しているヘルメットが、これ。

f:id:otohchan3306:20161220205245j:plain

「bern」(バーン)の「WATTS DELUXE」というモデル。

このモデルは、このように耳当て部分の取り外しが可能です。

f:id:otohchan3306:20161221025415j:plain

そして、降雪時に頭頂部のベンチレーションからの雪の侵入を防ぐパッドもあります。まぁ、少々の雪ならばパッドなんて必要ないけどね。

f:id:otohchan3306:20161221025933j:plain

それから後ろには、 ゴーグルをとめるクリップがついています。

f:id:otohchan3306:20161221032852j:plain

ヘルメットを購入するときの注意点

ヘルメットを購入するときに注意したい点がいくつかあります。

①大きさや形

まずはサイズです。各メーカー、S・M・L・XLというようなサイズ展開をしておりますが、メーカーによって大きさや形が違います。なので購入前には1度試着したほうがいいです。

もちろんお父ちゃんも試着して買いましたよ。僕が使用している「bern」のヘルメットのサイズはXL(59cm~60.5cm)です。耳当てを外した状態で被ると、L(57cm~59cm)でピッタリでしたが、耳当てを付けた状態ですとXLでピッタリ。スノボーをするときは耳当てがあったほうがいいので、迷わずXLにしました。

②ゴーグルとの相性

次に注意したい点は、ゴーグルとの相性。この相性が悪いとヘルメットとゴーグルの間に隙間ができます。ちょっとダサいし外れる可能性がありますね。お父ちゃんはゴーグルを持参して試着しましたよ。相性バッチリでした。

f:id:otohchan3306:20161221041218j:plain

と、このように、被ってみないと分からないことがあるので試着をオススメします。あと、手に取ってみると重さもわかるしね。

最後に

将来息子たちがスキーやスノーボードをするなら、プロテクターやヘルメットを身につけて楽しんでほしいですね。大事な身体を護るために。

少しずつ、少しずつ成長している次男

おはようございます。お父ちゃんです。

次男の体重が増えず心配しておりましたが、やっとこさ3000gを越えました。幾分、顔や手足がふっくらしてきた次男。オムツも3000gまでのものから5000gまでのものにチェンジしました~。

f:id:otohchan3306:20161212213906j:plain

1ヶ月検診を終えて

今月上旬の1ヶ月検診を終えた次男。体重も増え、すこぶる元気です。小さかった泣き声もずいぶん大きくなりました。「オギャー!(おっぱいくれー!)」「オギャー!(オムツ替えろー!)」「オギャー!(抱っこしろー!)」次男が泣くときは、だいたいこんな感じ。そして嫁はんが言うには、泣き方が微妙に違うらしい。マジか。お父ちゃんには全く区別がつきませぬ。常に一緒にいる母親だからこそ、ですね。

ホント申し訳ない

「おっぱい」「オムツ」「抱っこ」この3つが満たされると眠りに入ります。グースカ寝ます。3時間ほどするとまた「オギャー!」昼夜問わずこんな感じです。お母ちゃん大変。で、お父ちゃんはというと、昼間家にいるときはそりゃあ、オムツも替えるし抱っこもしますよ。おっぱいは出ないので搾乳したものを哺乳瓶であげますよ。でもね、夜、、、起きられないんですよね。横で次男がギャースカ泣いていても、お父ちゃんはグースカなわけですよ。ホント申し訳ない。汗

最後に

オムツを替えたり抱っこをしたり、哺乳瓶でミルクを飲ませていると、長男が赤ん坊のときを思い出す。あのときは何をするのも初めてで、おっかなびっくり育児をしていました。なつかし。今は1度経験したことなので、まあまあ余裕があるお父ちゃん。でも、夜は起きられないんですよね、、、。ホント申し訳ない。苦笑

いつもありがとう 結婚5年目を迎えました

どもども。お父ちゃんです。

お父ちゃん夫婦は結婚して5年が経ちました。5周年です。

結婚記念日

結婚記念日には呼び名があり、それぞれに意味があるそうです。銀婚式や金婚式は耳にしたことありますが、今まで結婚記念日の呼び名や意味なんて意識してなかったお父ちゃん。1年目から15年目までは毎年、20年目からは5年ごとに祝うそうですね。

結婚5周年の呼び名や意味は?

5年目の結婚記念日の呼び名は、木婚式。夫婦が「1本の木のように一体になった」という意味があるようですね。なるほど。お父ちゃん夫婦はどうでしょうか。笑

木製の贈り物

『木』婚式なので木製のものを贈るといいらしい。箸・コーヒーカップ・時計・フォトフレーム・アクセサリーなどなど。どうせなら夫婦で使えるものがいいですね。あれこれ悩み、お父ちゃんが選んだものは、これ。

f:id:otohchan3306:20161210104219j:plain

花びらが舞散る銀桜のお上品な夫婦箸です。桐の箱に入って届きました。お互いの名前入り。

f:id:otohchan3306:20161210104557j:plain

若狭塗 銀舞桜 夫婦箸

硬くて丈夫、そして耐水性にも優れている鉄木という材料で作られています。長さは22.5cmで、これは日本人の大人の手に丁度良いサイズらしい。箸先には滑り止め加工が施され使いやすいですね。嫁はんもまあまあ喜んでくれました。笑

最後に

結婚して5年。あっという間。銀婚式や金婚式まであと何年でしょうか。銀婚式は20年後、金婚式は45年後。45年後かぁ。お父ちゃんは87歳。(汗)仲良く元気に長生きしなきゃね。

ビッグイベント学習発表会

こんばんは、お父ちゃんです。

先月末、長男が通う幼稚園の学習発表会がありました。幼稚園の年間行事の中で、トップクラスのイベント。この日を心待ちにしていた長男は、朝からご機嫌さん。運動会の朝とは大違い。

otohchan3306.hatenablog.com

そもそも学習発表会て何?

学習発表会という言葉は、長男が幼稚園に通うようになってから初めて聞きました。いったい何をするのか。聞くところによると、『園児1人1人が責任感を持ち、協力して1つのことを成し遂げることを目的として、歌や演奏や踊り、そして劇などを発表する場』だそうです。

なるほど、園生活で学び、成長したその姿をお父さんお母さんに見せる日というわけですね。残念ながら産後間もない嫁はんは、次男と一緒にお留守番。長男の成長した晴れ姿は、お父ちゃんがしっかりビデオに収めました。

f:id:otohchan3306:20161206002411p:plain

カワイイ!とにかくカワイイ!

合唱・合奏・お遊戯、この3つを長男たち年少さんは披露。おチビちゃんたちが、歌い、踊り、演奏する姿は、、、

カワイイ!とにかくカワイイ!

我が子はというと、歌うことは大好きなので楽しそうに歌っておりましたが、どうも演奏は好みでないようです。長男の担当はピアニカ。吹くには吹いているのですが、ソワソワキョロキョロと落ち着きがない。まぁ、年少さんだとこんなもんなのかな。うーーん。

最後に

お父ちゃんが園児の頃も、歌や踊りを親に見てもらう場があったらしいです。全く覚えておりませんが。(苦笑)長男が大人になったとき、この日のことを覚えているのかな。歌い踊り演奏している映像を見たとき、どう思うのかな。

落ち着きがないところもありましたが、お友達と一生懸命取り組む姿は、家で見ることのない我が子。少しずつですが、確実に成長しているなと感じた学習発表会でした。

さ、寝よ。おやすみなさい。

ウィンタースポーツのシーズンがやってきたよ

こんばんは、お父ちゃんです。

寒い季節になってきましたね。風が冷たい。スキー場も続々とオープンして、FacebookなどのSNSでは「初滑りしてきたぜ!」的な投稿を目にするようになりました。そのほか様々なサイトでは、ウィンタースポーツ特集の記事を見かけます。その中の1つを紹介。

SUKIMANO

すきま時間の読み切りトピックを集めている『スキマノ』というサイトでは、ウィンタースポーツブログをまとめた記事が掲載されています。

baitalk.jp

今回紹介されているウィンタースポーツブログは、ほとんどが初めましてのブログですが、普段お父ちゃんが読んでいるブログもチラホラ。どのブログも興趣が尽きないものばかり。ウィンタースポーツに興味がある方は1度チェックしてみてください。
ちなみに、お父ちゃんのブログも紹介されてます。笑

f:id:otohchan3306:20160219113522j:plain

クリスマスプレゼント

いろんなウィンターなブログを見て思い出したことがあります。長年愛用していたガリウムのワクシングアイロンが、こんな状態でした。

f:id:otohchan3306:20160421224159j:plain

ということで、今年はサンタクロースに手紙を書こうと思っております。「新しいワクシングアイロンが欲しいです!」

最後に

将来、息子たちと雪山を滑走することがお父ちゃんの夢。「息子たちと初滑りしてきたぜ!」的な記事が書けるように、スノーボードもブログも長く続けていきたいです~。

久しぶりの公園遊びにハシャぐ長男4歳

おはようございます、お父ちゃんです。

ここ1~2ヶ月の休日は、地区の行事やイベント、次男誕生、その他様々な予定が入っていたため、長男を外で思い切り遊ばせてやることができませんでした。で、先日久しぶりに公園でハシャいできました。

ずいぶん体力がついてきた長男

公園に着くと毎度のごとくストライダーを乗り回す長男。

f:id:otohchan3306:20161126073939j:plain

スコップで落ち葉をすくいダンプカーにのせる長男。

f:id:otohchan3306:20161126074159j:plain

苦手な鉄棒の練習をする長男。

f:id:otohchan3306:20161126074242j:plain

サッカーの真似ごとをする長男。

vimeo.com

相変わらず終始動きまくりで、車に乗ったらバタンキューのパターン。かと思ったのですが全然寝る気配なし。5時間ほど遊んだのですけどね。ずいぶん体力がついてきました。成長成長。お父ちゃんは嬉しいです。

今回の外遊びで感じたこと

以前だと知らない子たちがいると積極的に遊具で遊べなかった長男ですが、そういった消極的な部分が少なくなったなと感じました。これまた成長。お父ちゃんは嬉しいです。

最後に

子どもは風の子。これから寒い時季に入りますが、子どもらしく元気に外で走り回ってほしいです。

次男愛用のオムツはムーニー エアフィット 新生児 お誕生~3000g30枚入 テープタイプ (新生児より小さいサイズ)

おはようございます、お父ちゃんです。

次男の体重があまり増えず、ちょっと心配。

誕生時・・・・2730g

退院時・・・・2520g

生後1週間・・2440g

生後2週間・・2560g

新生児用オムツ

小柄な次男は新生児用のオムツでもブカブカ。マジックテープを目一杯止めていても、少し動いただけで腰パンならぬ腰オムツになります。で、うんちをすると腰側から漏れるのです。オーマイガ!!肌着もロンパースも、、、うーーむ。

新生児用には5000gまでと3000gまでがある

お父ちゃんは全く知らなかったのですが、新生児用にはサイズが5000gまでと3000gまでの2種類あるのですね。次男にあてていたオムツは5000gまでの普通サイズでした。すぐさま小さめのサイズ、3000gまでのものを購入。メーカーは違いますが比べてみるとこんな感じ。

ほら。

f:id:otohchan3306:20161123095012j:plain

ちっちゃ。驚きの小ささです。この小さなオムツだとピッタリ。これでズレる心配はない。安心安心。

メーカーによって違う

最初に購入した小さめオムツは、ユニチャームの『ムーニー エアフィット 新生児 お誕生~3000g30枚入 テープタイプ (新生児より小さいサイズ)』です。で、その次は、P&Gの『パンパース おむつ 新生児より小さいサイズ テープ はじめての肌へのいちばん 24枚』を使用。両方ともピッタリ。しかしパンパースは次男と相性が悪いのか、少し動くとズレズレ。現在はムーニーを使用。メリーズやグーンにも小さめサイズはあるらしいのですが、いつも行くドラッグストアでは見かけたことなし。

最後に

少しずつ顔や尻に肉がついてきた次男。でもまだまだ手足は細い。たくさんおっぱい飲んで大きくなってください。

ムーニー エアフィット 新生児 お誕生~3000g 30枚入 テープタイプ (新生児より小さいサイズ)

ムーニー エアフィット 新生児 お誕生~3000g 30枚入 テープタイプ (新生児より小さいサイズ)

 

 

よその子は育つのが早いと言いますが、我が子も早いなと感じます

おはようございます、お父ちゃんです。

次男が誕生する数日前、長男が誕生日を迎えました。4歳です。

f:id:otohchan3306:20161119042507j:plain

念願が叶う

お母ちゃんが妊娠して弟か妹が生まれてくることを知り、自分がお兄ちゃんになると分かったときの息子の顔は忘れられません。照れくさそうに笑っておりました。彼はお兄ちゃんになりたかったのです。念願が叶いました。

優しいお兄ちゃん

息子は次男が泣いていると、「おっぱいかな?」とか「抱っこかな?」と心配そうにベビーベッドを覗き込みます。頭を「よしよし」と撫でたりもします。そして、優しいお兄ちゃんは次男が寝ていると、そっと掛け布団を掛けてくれます。顔が埋もれるくらい。汗

誕生日プレゼント

そんなお兄ちゃんへの誕生日プレゼントはこちら。

f:id:otohchan3306:20161119040442j:plain

トランポリンです。子どもにとって、トランポリンで飛んだり跳ねたりすることは、筋力や体幹が鍛えられ、運動能力の発達に良いそうです。それならば、ということで購入。まあまあ喜んでくれました。

このトランポリンの耐荷重は100kgですから、お父ちゃんが飛んでも全然大丈夫。子どもより僕が使ってるほうが多いかも。苦笑

本当は16フィート(約487cm)の大型タイプが欲しかったのですが、さすがにそれは無理。金額が1桁違うし、何より置く場所がない。汗

最後に

今まで子どもは自分1人だったので、そこそこ自由に好きなようにやってきた息子。兄弟ができて、その自由度も少し減っちゃうかもしれませんね。これからどのように変化し、成長するのか楽しみです。

我が家に2週間以上早くコウノトリがやってきた話

こんばんは、お父ちゃんです。

11月上旬、我が家にコウノトリがやってきました。予定より2週間以上早い到着。第2子誕生というやつです。

f:id:otohchan3306:20161115192749p:plain

助産所での出産

嫁はんたっての希望でお産は助産所です。助産所助産院と呼ばれるところは産婦人科とは違い分娩台がありません。嫁はんが出産した助産所は畳の部屋に布団が1枚。自由な体勢で赤ちゃんを産むのです。フリースタイル。

お父ちゃんが思う助産所の良いところ

総合病院などの産婦人科と比べると少人数のスタッフ。妊娠中から出産・産後まで、みなさん親身になって向き合ってくれます。助産師さんたちとの信頼関係は産婦人科より強いと感じました。

ちなみに前回、里帰り出産をしたクリニックで立ち会ってくれたのは「はじめまして。」の助産師さん。信頼関係なんてものはない、、、ですね。

前駆陣痛→本陣痛→出産

陣痛

出産前夜からお腹の張りを訴えていた嫁はん。前駆陣痛です。翌朝も続き、昼過ぎ午後3時には痛みが増し、午後4時半を過ぎた頃には間隔も短くなってきました。本陣痛です。いよいよか。いよいよなのか。予定日より2週間以上早い。

出産

午後5時30分、助産所に到着。この時点で子宮口の開きは8cm。畳の部屋にはすでに布団が敷いてありました。横になる嫁はん。苦しそうです。いろいろ体勢を変えます。仰向けになったり、お父ちゃんの肩に掴まらながらしゃがんだり。今一番楽な姿勢をとるのです。そして午後6時30分、破水。通常の倍近くの羊水があったらしく、かなりの勢いで破水。3人の助産師さんビチャビチャ。

さあ、いよいよ赤ちゃんが頭を出します。いきむ嫁はん。苦しそうです。赤ちゃんの髪の毛が見え頭が半分出てきました。今が痛みのピークらしい。助産師さんの指示は「いきみたい気持ちを抑え、ハーっと息を吐きリラックス。」今いきんでしまうと、おしもが裂けてしまうそうです。すると、頭が出て顔が見えました。痛みのピークは過ぎ、ここから速かった。あれよあれよという間に、、、オギャア。午後7時7分誕生です。

男子?女子?

立派な男のシンボルがついておりました。これでお父ちゃんは2児のお父ちゃん。息子はお兄ちゃんになりました。嫁はんは2人目は女子希望だったのですが願い叶わず。こればっかりは仕方がない。これからは2人の男子のお母ちゃんとして頑張ってもらいたいです。

f:id:otohchan3306:20161115194123j:plain

今回のお産でお父ちゃんが感じたこと

僕ら夫婦が選んだとはいえ、初めての助産所でのお産。不安がなかったかというと嘘になります。病院と違い医療行為ができません。なので、母体が健康であること、そして妊娠中も厳しく自己管理をすることが必要です。そういった不安も、助産師さんたちが親身になって向き合ってくれるおかげで、小さくすることができたと思います。

お産では助産所の所長と2人の助産師さんが立ち会ってくれました。嫁はんと助産師さんたちとの間には強い信頼関係ができているので、4人の息はピッタリ。

初産は、嫁はんの地元で人気の高いクリニックでお産。そこでのお産と比べると、チーム一丸となって赤ちゃんが生まれてくる手助けをするって感じ。とても良い雰囲気の中でのお産でした。

最後に

嫁はんに感謝。所長をはじめとする助産師さんたちに感謝。そして、体重2730g 身長48cm 小柄ながら元気に生まれてきてくれた次男よ、ありがとう。

お父ちゃんのスポーツ遍歴 その3

こんばんは、お父ちゃんです。

前回に引き続き、お父ちゃんが経験してきたスポーツについて書いていきたいと思います。

ボクシングを辞めてからの2年間は、運動やスポーツを一切しておりません。再び体を動かし始めたのは20歳の冬。現在でも続けているウインタースポーツ、スノーボードと出会いました。

スノーボード(20歳~現在)

友人に誘われ、不慣れな雪山で板に乗り両足を固定されたまま斜面を滑り降り、ていうか、転げ落ちまくった20歳の冬。身体中痛くてたまらなかったのを覚えています。特にケツ。スノーボードの第一印象は、ケツ痛い。それでも、友人たちのように滑りたいと思い、タイミングが合えば雪山に同行しておりました。が、さほど成長せず。まぁ、当たり前なんですけどね、成長しないのは。シーズン滑走日数2日ほどですからね。

f:id:otohchan3306:20161130214922p:plain

こんなお父ちゃんが、いかにしてスノーボードに夢中になり、今尚滑り続けているのか。興味のある方は下記の記事をご覧下さい。笑

otohchan3306.hatenablog.com

ボクシング(22歳~24歳)

1996年の秋、平凡アマチュアボクサーは再びリングに上がりました。なぜ?友人2人に「ボクシングがしたいのでお前の通っていたジムを紹介してほしい。」そして「一緒にボクシングをしよう。」と誘われたことがきっかけです。

f:id:otohchan3306:20161110194214p:plain

ひたすら縄跳び

友人たちとジムで汗を流し始め1ヶ月。僕以外の2人は辞めちゃいました。高校生のときもそうでしたが、ジムに入門してきた人のほとんどは1ヶ月足らずで辞めていきます。それほど厳しい練習ではないのですけどね。単調な練習に飽きちゃうんでしょうね。最初は、ひたすら縄跳び。およそ2時間の練習、ひたすら縄跳び。これに嫌気が差すのでしょうか。差すのでしょうね。

お父ちゃんも初めは、ひたすら縄跳び。縄跳びばっかり。構え方やパンチの打ち方を教わったのは入門してから1ヶ月後。おそ。当時コーチから、こう教わりました。

「ボクシングをするにあたり、縄跳びはフットワークとスタミナを鍛えるのに最良の練習方法だ。」

うーーん、いくら最良でもそればかりはね。苦笑

プロフェッショナル

復活しても勝ったり負けたりを繰り返す平凡アマチュアボクサー。そんなお父ちゃんのボクシングライフの中で、強く印象に残っていることがあります。

東京のとあるジムへ合宿に行ったときのこと。お父ちゃんはプロの方とスパーリングをすることができました。ありがたい。しかも日本ランカー。ランキングは下位でしたがアマチュアの僕より実力は数段上。当たり前。もちろん相手の方は本気を出すことはありません。左腕1本。苦笑

左ストレートやフックを何発ももらいました。まるで石で殴られたような痛み。石で殴られたことないけど。で、こちらのパンチはというと。はい、1発もまともに当てることができませんでした。ただただしんどかった。プロフェッショナルのスゴさを肌で感じました。

ボクシングライフ終了

社会人になり再びグローブを手に取ったお父ちゃんでしたが、24歳のときグローブをリングにそっと置きました。転職をし、ジムに通うのが難しくなったのです。高校生のときから合わせて5年ほど続けたボクシング。大した結果は残せておりませんが、(苦笑)いい経験ができました。

最後に

3回にわたり、お父ちゃんのスポーツ遍歴を紹介してきたわけですが、お気付きでしょうか。球技が1つもないことに。全て個人競技だということに。

いくつかのスポーツを経験してきましたが、スポーツマンと呼べるレベルではない。僕が思うスポーツマンは、球技・個人競技・団体競技関係なく、どの競技もそつなくこなす運動神経の良い人。お父ちゃんの球技のレベルは恐ろしく低いです。

我が子を自分とは違うスポーツマンに育てようとは思いませんが、球技・個人競技・団体競技関係なく、運動やスポーツが好きな人間になってほしいです。

お父ちゃんのスポーツ遍歴 その2

こんにちは、お父ちゃんです。

今回も、お父ちゃんが経験してきたスポーツについて書いていきたいと思います。

陸上(12歳~15歳)

小学校から引き続き、陸上部に所属。しかしお父ちゃんの中学3年間は人生の中で最も腑抜けていた時期。とりあえず練習して、とりあえず試合出て、とりあえず続けた3年間。小学校のときのような競技に対する熱意なんてものは、ほとんどありませんでした。なぜ?思春期だから?うーーん、なんて勿体ない3年間。苦笑

ボクシング(15歳~18歳)

中学の3年間は無気力なフニャ◯◯ヤローでしたが、高校生になりスポーツに対する熱意が甦りました。それは、あるスポーツを始めたからです。

f:id:otohchan3306:20161105084110p:plain

あるスポーツとは、ボクシング。ボクシングに興味をもったのは、小学6年のときNHKで放送されていたアマチュアボクシングの試合を観たことがきっかけです。プロボクシングではなくアマチュアボクシング。プロ・アマ関係なくボクシングの試合をテレビで観るのは初めてで、食い入るように観てたのを覚えています。

アマチュア専門ボクシングジム

県内にボクシング部がある高校は、わずか3校。(マイナースポーツ笑)どの学校も自宅から遠く、通える距離ではありませんでした。で、お父ちゃんは比較的近場にあったアマチュア専門のボクシングジムに通い始めました。プロを育てるジムではなく、アマチュア専門のジム。世界チャンピオンを目指すのではなく、オリンピックで金メダルを目指す。そんなジムです。当時ジムには全日本選手権や国体の優勝者や入賞者がおりました。そんな先輩たちやコーチの厳しい指導のもと、汗を流していたわけです。

平凡なアマチュア高校生ボクサー

優秀なコーチや先輩がいたからといって、自分も強くなれるとは限らない。お父ちゃんは勝ったり負けたりを繰り返す、平凡なアマチュア高校生ボクサーでした。

先ほども書きましたが、県内にボクシング部がある高校は、わずか3校。市の大会などなく、いきなり県大会。ひと階級4名で争います。2回勝てば優勝。県で1位になれるわけです。お父ちゃんも県大会で優勝したことがありますよ。2回勝って。(笑)ま、僕の実力ではそれ以上は無理でしたけどね。

充実した3年間

ボクシングに対する熱意や、試合で何がなんでも勝つんだという気概は持っていたつもりでした。その当時は。でも今思えば、対戦相手やジムの仲間に比べると足らなかったのかなと。それでも、腑抜けた中学の3年間(苦笑)よりは充実した3年間でした。

次回は

18歳から現在までのスポーツ遍歴を紹介します。