読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お父ちゃんのひとりごと

子育て時々スノーボード

お父ちゃんとスノーボード 継続することの大切さ

こんばんは、お父ちゃんです。

今回は、お父ちゃんの唯一の趣味『スノーボード』について書いていきたいと思います。

転機

僕の初スノボーは20歳のとき。26歳まではシーズンに2日滑る程度で、全く滑りに行かないシーズンもありました。で、27歳の冬、、、転機が訪れました。(ちょっと大げさ)

従兄弟と滑りに行ったときにビデオカメラで僕の滑りを撮ってもらったのですが、まぁ酷かったですね(苦笑)上手く滑れてないのは自覚していましたが、想像以上のへっぴり腰な滑りを見て、僕のやる気スイッチがオンになりました。

もっと上手くなりたい

それまで上手くならないのは道具や己の運動能力の低さのせいにしていましたが、そもそも上手い人たちと比べて滑走日数が少なすぎでした。

このシーズンから5日10日20日40日と年々滑走日数が増え、その増加とともに僕の滑りも幾分ましになっていきました。従兄弟に教わったり、HOW TO雑誌を読みまくったりDVDを見まくったり、見知らぬ上手い人の滑りをジーっと見てその後ろをついて滑ったりして。(ストーカー笑)

まぁでも、スクールに入りインストラクターに教わったほうがもっと早く上達したでしょうねぇ、、、。ちょっと遠回り。苦笑

f:id:otohchan3306:20160326002340j:plain

最後に

スノボーを通して継続することの大切さを知り、続けるためには、楽しみながらやることが大事だなと感じました。