読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お父ちゃんのひとりごと

子育て時々スノーボード

お父ちゃんお気に入りの宿

こんばんは、お父ちゃんです。

今シーズン最後のウィンタースポーツを楽しんだあとは、お父ちゃんお気に入りの宿で1泊してきました。

チャオから車で30分ほどの開田高原にある「J-HOUSE」というペンションです。

f:id:otohchan3306:20160427221815j:plain

独身の頃はちょいちょい利用しておりましたが、結婚してからは初めてですね。6年ぶりかな。

J-HOUSE

この宿は正直、部屋も風呂もフツーーな感じなのですが、食事が抜群に美味いのです。ていうか、抜群にお父ちゃんの好みなのです。

これは朝食です。(夕食は食べるのに夢中で撮るの忘れた。)

f:id:otohchan3306:20160427221822j:plain

うん、やっぱり夕食も朝食もどちらもお父ちゃん好み。特別凝った料理ではないと思うのですが、なんなんでしょう、素材かな、調理法でしょうか。なんにしても美味い。

お父ちゃんがお気に入りの理由はもう1つあります。それは、気さくなオーナー夫婦。開田高原のこと自然のこと、いろいろ話してくれますし、なにより喋りやすい。

こういったペンションに泊まり、オーナーさんや地元の人たちの話を聞くのは実に楽しいですね。この歳になっても知らないことはたくさんありますからねぇ。

開田高原アイスクリーム工房

翌朝チェックアウトしてから向かった先は、「開田高原アイスクリーム工房」

f:id:otohchan3306:20160427221922j:plain

10時のオープン前に到着。一番乗りでした。オープンすると4~5組の観光客が来てましたね。まあまあの人気店で、夏には行列が出来たりしますよ。

アイスクリーム(バニラ)が大好きな息子はご満悦。

f:id:otohchan3306:20160427221929j:plain

いざ飛騨高山へ

至福のときを過ごした僕らが次に目指したところは、飛騨高山です。チャオも高山にありますが、もちろんチャオに戻るわけではありません。古い町並みが残り、飛騨の小京都と呼ばれている高山市の中心市街地です。

開田高原から車でおよそ1時間なので、昼前には着く予定。

前日の雪遊びの疲れと、J-HOUSEでの朝食、アイスクリーム工房で食べたバニラアイスでお腹を満たされた息子は、出発して10分ほどでスヤスヤ寝息をたて夢の中。高山に着いたら起こしてあげよ。

f:id:otohchan3306:20160427221935j:plain

では、続きは後日に…。