お父ちゃんのひとりごと

子育て時々スノーボード

スノーボードに対する熱が冷めたわけではないよという話

こんばんは、お父ちゃんです。

今日でブログを始めて3ヶ月になりました。飽き性の僕にしては続いていますね。

さて、ウィンタースポーツをメインでやられている方たちにとって、寂しい季節に入ったんじゃないでしょうか。

お父ちゃんはというと、ここ数シーズン年間3日~5日しか滑っていないけど、昔のようなスノボーしたい欲が少なくなった。でも決してスノボーに対する熱が冷めたわけではないよ。むしろ滑走日数が減った分、以前より1本1本1日1日を大切に滑るようになり、Snowboardingをより楽しむようになりました。

今は何してても楽しいんですよ。カービングしててもグラトリしててもキッカー飛んでてもね。そして初級者や上級者といった様々なレベルの人たちと、プッシュしながら滑ることが楽しくて仕方がないのです。

スノボー欲が少なくなった理由

やっぱり息子の誕生でしょうかね。休日はね、彼と遊びたいこと、やりたいことがたくさんありますからね。

公園へ行って遊具で遊んだり砂遊びをしたり。それから、ストライダーに乗って走り回ったり。イチゴ狩りや花見にソリ遊び、そして土いじり。どれも息子が生まれるまではやらなかったことばかりです。

スノーヴァ羽島という空間

独り身のときの冬は、とりあえずスノボー!何はなくともスノボー!って感じでした。そしてオフシーズンはスノーヴァ羽島(室内ゲレンデ)で滑る。ま、月に1回程度ですが。

このスノーヴァ羽島は、室内ゲレンデと言ってもスキー場のような感じを想像してもらっては困ります。ボックスやレールといったジブアイテムやキッカーがメインで設置してあるのです。多少のフリーバーンがあるときもありますが、ガッツリとフリーランが出来るスペースはありません。いかんせん狭い空間なんですよ。ジブやエアを練習したい人にとっては良い空間ですけどね。

自分ではスゲー飛んでるつもりだが

フリーランが好きなお父ちゃんですが、キッカーもたまにします。でも僕の場合、スピンなんて怖くて出来ないので(せいぜいポコジャンで180をするぐらい)ストレートのみですが。

f:id:otohchan3306:20160518222748j:plain

この連続写真は、2年前にチャオで行われたジャンプジャミングという誰でも参加出来る大会に出たときに、デザインオフィス・シィさんに撮っていただいたものです。キッカーのサイズは9mでしたかね。まぁなんとかお父ちゃんでも飛べるサイズでした。自分ではスゲー飛んでるつもりなんですけど、写真で見ると、、、うーーん。

f:id:otohchan3306:20160518222801j:plain

最後に

さて、これからどんどん成長して活発に動くであろう息子に負けないため、動けるお父ちゃんに、そして動ける40代になるために、今まで以上にトレーニングを(特に体幹を鍛えたい)していきます!