読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お父ちゃんのひとりごと

子育て時々スノーボード

お父ちゃんが生きるために必要なもの

こんばんは、お父ちゃんです。

先日久しぶりに息子と公園で遊びましたよ。嫁はんが、すぐそばのスーパーで買い物をしていた40分ほどの間ですけどね。

満面の笑みの息子

ここ数週間は、なにかと予定が入っていたので、なかなか公園に遊びに行くことが出来ませんでした。

父   「公園に行くか?」

息子「行くー!!」

満面の笑みの息子を見て改めて思いました。お父ちゃんが生きるために必要なものは、この笑顔、そしてコイツの存在なんだなと。

終始動きまくりの息子

この日は砂場セットは持って行かずストライダーのみ。公園に着くとさっそく乗り回す息子。

f:id:otohchan3306:20160524004258j:plain

石畳を「線路~!」と言い、その上を走っていく息子。(自転車で線路を走っちゃダメだよ)

f:id:otohchan3306:20160523234632j:plain

ヘルメットを被ったまま滑り台を滑る息子。安全第一!笑)

f:id:otohchan3306:20160523235446j:plain

落ち葉を集め、1列に並べる息子。(何がしたいの?)

f:id:otohchan3306:20160524004308j:plain

自販機で買ったジュースを飲み、ほてった体を冷ます息子。(一気に飲まないで!)

f:id:otohchan3306:20160524004347j:plain

40分という短い時間でしたが、日差しが強く終始動きまくっていたJr.のほっぺは真っ赤っか。

満足そうにまた笑顔

息子   「楽しかったなぁ。」

出掛ける前と同じような満面の笑みでそう言った我が子を愛おしく思い、抱きしめようとしたら「暑い。」と軽く拒否されちょっぴり凹みました。

うーーむ。

でも、あの笑顔を見たし、楽しそうに遊んでいたから、まっいいかな。

最後に

「お父ちゃんが生きるために必要なもの」なんていう、大げさなタイトルを付けましたが、最近本当によく思うんですよねぇ、この子の笑顔をずっと見ていたいなと。どうすれば喜んでくれるかな、何をすれば楽しんでくれるかな。いつもそんなことを考えるようになりました。確実にJr.の笑顔は、存在は僕の生きる原動力になっております。

自他ともに認める甘々な父親です。これからも愛おしいあの笑顔を見続けるために、いろんなところに出掛け、遊び、楽しみながらたくさんの経験をさせて上げたいね。