読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お父ちゃんのひとりごと

子育て時々スノーボード

お父ちゃんがオートバイに乗らなくなった理由

雑記

こんばんは、お父ちゃんです。

お父ちゃんの趣味はスノーボード。これについては何度もブログで書いてきました。実はスノーボードにハマる前から、ずっと好きだった乗り物がありました。オートバイです。

f:id:otohchan3306:20160625214643j:plain

これは2年前まで乗っていた「ROYAL ENFIELD BULLET350」というオートバイです。

オートバイのイメージ

オートバイのイメージってどんな感じですか?乗ったことがない人からすると「危ない乗り物」といった悪いイメージを持っているのではないでしょうか。生身で乗ってるから事故したときのダメージが大きそうですもんね。

でもね、きちんとした運転マナーと運転技術を身につけることで、事故をする確率もグッと減ると思います。

2度の事故

偉そうなことを書いておりますが、過去に過信や不注意で事故をしたことが2度あります。2度とも車との接触事故でした。運良くかすり傷で済みましたが、2度目の事故でオートバイは廃車になりました。ちなみに上の画像のオートバイではありません。

僕の場合は過信や不注意でしたが、気をつけていても、安全運転をしていても、運悪く巻き込まれる場合もありますけどね。

オートバイに乗るときの服装

あと、マナーや技術の他に、身を守ってくれる装備や服装も大切ですね。
と言っているお父ちゃんですが、7年前こんな格好で乗ってましたよ。

f:id:otohchan3306:20160625214815j:plain

膝から下、生足見えてるよ!オートバイに乗るとき、肌を見せちゃダメですよね。この画像は以前お世話になっていたショップのマネージャーさんのブログからお借りしました。

s.ameblo.jp

サルライダー

ちょっと話は変わりますが、10年前からJr.が生まれるまでの7年間、アメブロでブログを書いておりました。ハンドルネームはサルライダー。飽き性な僕がよく7年間も続けることが出来たね。笑

気持ちの変化

さぁ、話を戻しましょう。

2度も事故をして痛い目にあっているのに、膝から下の生足はダメですよね。

そんなお父ちゃんは21歳のときからオートバイライフを満喫してきましたが、39歳で終止符を打ちました。Jr.が生まれ、僕の中でオートバイに対する気持ちに変化がありました。マナーや技術を身につけ気をつけて運転すれば、あんなに楽しい乗り物はありません。でも、ひとつ間違えば死ぬかもしれない危険な乗り物なんだという気持ちのほうがJr.の成長とともに大きくなりました。

ひとつ間違えば

オートバイに限ったことではありませんけどね。車に乗っていてもスノーボードをしていても、それはあるかもしれません。

20年近く乗っていたお父ちゃんですが、息子が将来「オートバイに乗りたい。」と言ったとき僕はなんて言うのかな。息子が生まれて間もない頃は「将来一緒にツーリングに行きたいな~。」などと思っていたんですけどね。苦笑

お父ちゃんがオートバイに乗らなくなった理由

僕がオートバイに乗り続けていると、おそらく息子も興味を持つでしょう。家にオートバイが有るのと無いのでは、無いほうが興味を持つ確率も乗りたいと思う確率も低いと思うわけです。

オートバイ仲間の息子は16歳になると同時に免許を取得しました。で、あるとき車と接触事故。たいした怪我ではありませんでしたが「もしこれが我が子だったら」と考えたとき涙が出そうになりましたよ。

運転マナーと運転技術を身につけ安全運転をしていたとしても、巻き込まれて事故をする可能性もあるわけですよね。

息子にオートバイで疾走するあの気持ち良さを教えて上げたいという気持ちはゼロではないのですが、どうしてもマイナスイメージのほうが大きくなっちゃいます。

これがスノーボードや他のスポーツならば、心配しながらも見守ることも出来ると思うのですが、オートバイはちょっと、、、。苦笑

最後に

こういったわけで、お父ちゃんはオートバイに乗ることをやめました。

オートバイに向かっていた気持ちがスノーボードに向かい、スノーボードがますます好きになったお父ちゃんでした。