お父ちゃんのひとりごと

子育て時々スノーボード

絶叫マシンに乗りたがる息子

こんばんは、お父ちゃんです。

ジェットコースターのことを「ジェットコッタ」という息子がたまらなくカワイイ。(親バカ)2歳半頃に初めてジェットコースターを見たその日から、どうしても乗りたいらしい。息子は滑り台のような遊具を好みます。雪山でのソリ遊びも想像以上に喜んでましたからね。滑り降りることが大好きなのです。

otohchan3306.hatenablog.com

スチールドラゴン2000

お父ちゃん家族は、ナガシマリゾート内にあるジャズドリーム長島というアウトレットパークをたまに利用します。スチールドラゴン2000(リゾート内の遊園地にあるジェットコースター)は、アウトレットパークのすぐそばを駆け抜けていきます。

スチールドラゴン2000は息子が初めて見たジェットコースター。彼の目には大変魅力的な遊具に見えたらしい。

「ジェットコッタに乗りたい。」

「おっきくなったら乗れる?」

が、息子の口ぐせ。

乗せれるものなら乗せてあげたいのですが、スチールドラゴン2000の乗車規定は身長140~185cmで年齢は10歳以上となっております。まだまだ先だね。

憧れのジェットコースター

実はね、1ヶ月半前にデビューしているのですよ、ジェットコースター。東京ディズニーシーに訪れたとき、「フランダーのフライングフィッシュコースター」というアトラクションに乗ったのです。このジェットコースターの乗車規定は身長90cm以上で年齢は3歳以上で補助なしで座れることが必要。うん、大丈夫。全てクリアしております。あとは息子の気持ち次第。

「乗る!」

即答でした。

まあまあ怖がりの息子ですから泣いてしまわないか心配しましたが、キャッキャキャッキャと楽しんでいましたよ。

f:id:otohchan3306:20160829194610j:plain

フランダーのフライングフィッシュコースターとスチールドラゴン2000の違い

ジェットコースターデビューを果たした息子が最終的に目指すところは、やはりスチールドラゴン2000のようなモンスター級の絶叫マシンでしょう。

さて、そんな3歳児でも乗れるジェットコースターとモンスター級の絶叫マシンの違いについて少しふれたいと思います。

フランダーのフライングフィッシュコースターはスリルを味わうというよりは、爽快な気分で楽しめるジェットコースターですね。最高速度は33km/hです。原付き並みのスピード。

スチールドラゴン2000は、日本一の高さを誇る97mに到達すると最大斜度68度から93.5mの落差を一気に落下します。最下点ではなんと、最高速度153km/hに達するそうです。パーマンより速い。うーーん、数字を見ているだけで怖さが伝わってきますね。

早くて、およそ6年後になりますが息子はこのモンスター級の絶叫マシンに乗ることが出来るのでしょうか。楽しみです。

最後に

絶叫マシンがまあまあ好きなお父ちゃんですが、スチールドラゴン2000にまだ乗ったことがありません。同じ遊園地内にあるホワイトサイクロンには何度か乗ってるけどね。お父ちゃんの初スチールドラゴン2000は息子と同じく6年後ですかね。