お父ちゃんのひとりごと

子育て時々スノーボード

お父ちゃんのスポーツ遍歴 その1

こんにちは、お父ちゃんです。

我が子には運動やスポーツが好きに子どもになってほしいと思っていますが、僕が子どもの頃はどうだったのか。お父ちゃんのスポーツ遍歴をまとめてみました。

目次

お父ちゃんのスポーツ遍歴

水泳(5歳~8歳)

f:id:otohchan3306:20161101115744p:plain

お父ちゃんが初めて触れたスポーツは水泳です。地元のスイミングスクールに通い始めました。健康のためと、母親が勝手に入校の手続きをしたらしい。水を怖がるようなことはなく、お利口さんに泳いでいたようです。でもセンスの良い泳ぎではなかったみたい。

このスクールには小学2年生になる8歳まで通っておりました。なぜ辞めたのか。まぁ、少し飽きたというのもあるけど、別の競技がしたくなったから。

剣道(8歳~12歳)

f:id:otohchan3306:20161101120941p:plain

水泳を辞めたお父ちゃんが次に始めたスポーツは剣道です。スポーツというか武道ですが。剣道は、あるマンガをきっかけに興味を持ち、そして始めました。そのマンガとは。

六三四の剣 (1) (小学館文庫)

六三四の剣 (1) (小学館文庫)

 

六三四の剣。父・母ともに剣道の達人で、その間に生まれた六三四が剣道を通して成長していく物語。6月3日午後4時に生まれたから六三四と名付けられました。

さて、そんな感じで隣町の道場に通い始めました。練習は厳しかったです。六三四の剣の主人公みたいになりたくて、みんなに負けまいと必死に練習したのを覚えています。

ヘナチョコ剣士のお父ちゃんでしたが、剣道を通して学び得たものがあります。礼儀作法はもちろんなのですが、一番は、試合や勝負で何がなんでも勝つんだ!という気概。これは剣道を始めるまで、お父ちゃんにはなかったもの。己の信念を貫き、どんな困難にも屈服しない強い心を持ちなさい。的なことを教わりました。
そんな剣道への情熱が別の競技へ移りました。小学6年のときです。ある競技のテレビ放送を観たときに、自分がやりたいスポーツはこれだと強く思いました。そのスポーツについては後日「お父ちゃんのスポーツ遍歴その2」で紹介します。

陸上(10歳~12歳)

f:id:otohchan3306:20161101135131p:plain

小学5年のとき、母親のススメで近所のランニング教室に通い始めました。剣道と時期が被ります。このランニング教室は主に小学生に長距離を指導していました。ちなみに陸上はテレビで観てやりたいと思ったスポーツではない。

お父ちゃんは子どもの頃、短距離走長距離走も人並みでした。マラソン大会では男子80人中40位の成績。で、このランニング教室でみっちり指導を受けた年のマラソン大会では3位入賞。ずいぶん順位を上げることができました。みんな驚いていましたが、一番驚いたのは自分。まさかここまで順位が上がるとは。嬉しかったですね~。興奮しましたね~。今でもあのときの気持ちは覚えています。

次回は

12歳から18歳までのスポーツ遍歴を紹介します。

さ、寝よ。おやすみなさい。

その2へGO!