読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お父ちゃんのひとりごと

子育て時々スノーボード

スノーボード専門誌のカタログ号が出そろいましたよ

あ゛あ゛ーー!毎日毎日じめじめむしむし!なんとかなりませんか、この暑さ。あーーつい。

こんばんは、お父ちゃんです。

毎年この時期になると、どれか1冊は購入しているスノーボードのギアカタログ。買い換える予定がなくてもね、いろんな新しいギアやアイテムを眺めているだけで楽しいもんです。

そういえば、トランスワールドジャパン発行の「SNOWBOARDING+PLUS」が2016年4月号を最後に休刊していますね。

 現在はウェブサイトのみで情報発信しています。

スノーボード総合情報サイト-トランスワールドウェブ

雑誌よりネット

スノボー雑誌がなくなるのは寂しい気持ちもありますが、正直雑誌を買わなくても情報はネットで得ることが出来ますからねぇ。ハウツーものなんかは動画で見れますし、ネットのほうが断然充実しています。なにより動画だとイメージしやすいです。ギアやアイテムに関しても、ネットのほうが充実しているように思えます。記事の鮮度なんていったら雑誌では旬な情報は難しいですよね。雑誌よりネット、そういう時代なんですかね。

お父ちゃんがスノボー雑誌を購入するとき

お父ちゃんはスノーボードの情報に関しては、雑誌でもネットでもどちらでも自分に合ったもの好きなものを選んできました。先ほども書きましたが、雑誌では旬な情報は難しいです。でも、質の高い、ずっと残しておきたくなるような、ブックマークしたくなるような情報が載っている雑誌が、たまにあるんですよ。そんなときお父ちゃんは購入しちゃいます。ま、これは、お父ちゃんにとって残したくなる情報であって、他人からみたら必要のない情報かもしれませんけどね。あとはね、表紙に強烈な衝撃をうけたときなんかは中身を見ずに買っちゃう場合もあります。

こんな感じで↓

otohchan3306.hatenablog.com

スノーボード専門誌のカタログ号

SNOWBOARDING+PLUSが休刊したということは、これからのスノーボード専門誌のカタログ号は、フリーラン発行のFREERUN実業之日本社発行のSnowBoarderの2誌になりますね。まぁ、こんな時代ですからこの2誌も、いつ休刊になるか分かりませんが、そうならないことを祈ります。特にFREERUNは、お父ちゃんのお気に入りの雑誌なので、頼んますよ~。

 ちなみにこの2誌ももちろんウェブサイトがあります。

最後に

毎日クソ暑い日が続いておりますが、ギアカタログを片手にこういった映像を見ながら苦手な夏を乗り切りたいと思います。


Ben Ferguson & The Boys VS Baldface Backcountry

さ、寝よ。おやすみなさい。