読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お父ちゃんのひとりごと

子育て時々スノーボード

避けて通れない眼の老化現象について

こんばんは、お父ちゃんです。

40歳になる少し前から、近くの細かい文字が読みづらいなと思っていました。老眼?老眼なのか?1年ほど前、メガネ屋で検査をしてもらいました。はい、立派な老眼でした。

視力が良い人ほど老眼になるのが早い?

お父ちゃんの視力は、左が1.2で右は1.0です。よく、視力が良い人ほど老眼になるのが早いと聞きますが、実際どうなんでしょうか。メガネ屋の店員さんは「視力が良い人も悪い人も、同じように老眼は始まりますよ。」と教えてくれました。

Google先生にも同じ質問をすると、やはり「視力が良い人も悪い人も同じように老眼は始まる。」と返ってきました。ただ、視力が悪い人は(近視の人)もともと近くにピントが合っているので、老眼が始まったことに気づきにくいそうです。視力が良い人のほうのが症状を自覚しやすい傾向にあるとも教えてくれました。(なるほど~。)

そもそも老眼て何なの?

眼の老化現象で正式名称は老視。人はもの見るとき、毛様体筋という筋肉で水晶体と呼ばれるカメラの凸レンズにあたる部分の厚みを薄くしたり厚くしたり変化をさせて、対象にピントを合わせているそうです。その毛様体筋の筋力が加齢により衰えたり、水晶体の弾力性が失われたりして調節力が低下し、近くのものが見えにくくなる症状を老眼と言うようですね。

老眼鏡のイメージ

お父ちゃんの老眼鏡のイメージは「おじいちゃん」でした。まあまあのネガティブイメージ。(苦笑)でもね実際かけてみると、そりゃ~もう全然違うんですよ、文字の見え方が、、、。最近では横文字で『リーディンググラス』(reading glasses)なんて言うそうですね。まぁ、老眼鏡て意味らしいのですが、なんともお洒落に聞こえますね。

f:id:otohchan3306:20160728233459j:plain

リーディンググラスをかけると老眼は進行するの?

結論からいうと、老眼は眼鏡をかけようがかけまいが、誰でも進行するそうです。リーディンググラスをかけ始める年齢の45歳~50歳は、一番老眼が進行するようです。そのためリーディンググラスをかけ始めてしばらくすると、その眼鏡も徐々に見えにくくなってくるので、老眼が進行したように錯覚するそうです。それから、リーディンググラスをかけると今まで以上によく見えるようになります。で、眼鏡をはずすと、それまで裸眼で当たり前と思っていた見え方が、見えにくいと感じてしまうそうです。これらが、リーディンググラスをかけると老眼が進行すると言われる原因らしいですね。

老眼の進行を遅らせたい!

リーディンググラスをかければ確かに見やすくなりますが、出来れば老眼の進行を遅らせたい!と、お父ちゃんは思います。そのためには、衰えた毛様体筋を活性化する必要があるようです。

目の遠近トレーニング

Google先生に教わった、毛様体筋を鍛える簡単なトレーニングを1つ紹介します。

① 親指や人指し指を目の前(指がハッキリと見える位置)に突き出し、先端を両目で3秒見る。

② 指と、その延長線にあるできるだけ遠くのもの(建物でも木でも何でもよい)を両目で3秒見る。

近くを見る→遠くを見る。これを1セットとして3セット行うと良いそうです。うん、これは簡単ですね。でも、やり過ぎはよろしくないらしいので、ほどほどに。

ちなみにこの方法は、まだ水晶体にある程度の弾力性がある年代には有効らしいです。お父ちゃんは「ある年代」に当てはまるんでしょうか?笑

最後に

水晶体にある程度の弾力性があるのかどうか分かりませんが、とりあえず目の遠近トレーニングをしていきます。僕が紹介したトレーニング以外にも様々なトレーニングがあるので、気になるかたは「遠近トレーニング」で検索してみてください。

さ、寝よ。おやすみなさい。