読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お父ちゃんのひとりごと

子育て時々スノーボード

鬼に金棒、長男にカラーバット

おはようございます。お父ちゃんです。

最近、鬼ごっこにハマっている長男。長男がハマっている鬼ごっこは、鬼を1人決めて、その鬼が他の人を追いかけるという、昔ながらの子どもの遊びではなく、「豆まき」のこと。

鬼は外!福は内!

豆まきとは、節分の日に「鬼は外!福は内!」と言いながら、豆で鬼を追い払うために行う行事ですね。

長男はこの豆まきが至極お気に入り。2月3日の節分から毎晩「鬼ごっこ」(豆まき)をしております。鬼の役、豆をまく役はそのときの長男の気分次第。

ところで、なぜ節分の日に豆まきをするのでしょうか?ていうか、そもそも節分て何?

節分とは

節分とは「季節を分ける」という意味があるらしい。春夏秋冬季節が移り変わる節目の日のこと。ということは、、、そうです、そうなんです。節分は年に1回だけではないのです。立春立夏立秋立冬の前日が節分となります。(知らんかった。苦笑)

その中で日本では昔、立春が1年の始まりで1番大切な日とされていたので、行事として残ったそうです。

なぜ節分の日に豆まきをするのか?

昔の日本では季節の変わり目(節分)には邪気(鬼)が生じると考えられており、その邪気(鬼)を追い払うために豆まきをしたそうです。鬼に豆をぶつけて、その年の厄を払い新しい年を迎えよう!ってわけですね。ちなみに、なぜ豆なのか?魔(鬼)を滅する「魔滅(まめ)」という語呂合わせらしい。笑

最後に

f:id:otohchan3306:20170209054418j:plain

スーパーで購入した福豆に付いていた鬼の面を被り、金棒に見立てたカラーバットを持ち上げる長男(4歳)。鬼に金棒、長男にカラーバット。カワイイ。とにかくカワイイ。今晩も鬼ごっこするのかな?