読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お父ちゃんのひとりごと

子育て時々スノーボード

そろそろ兜と鯉のぼりの準備をしよう

どもども、お父ちゃんです。

長男は5度目、次男にとっては初めてのイベントがやってくる。端午の節句というヤツです。

f:id:otohchan3306:20170330002840p:plain

そもそも端午の節句って何?こどもの日とどう違うの?

端午の節句とは

奈良時代に中国から伝わった風習で、もともとは「菖蒲を軒先に飾り、邪気を祓う日」だったようです。知らんかった。

端午」の「端」は月の「端(はし)」で、始まりという意味があり、「端午」は「月の最初の午(うま)の日」のこと。「午(うま)」とは十二支の「うま」ですね。この「午(ご)」という字が「五(ご)」に通じるところから、5月5日を「端午」と呼ぶように。

で、鎌倉時代に、菖蒲(しょうぶ)が、武を重んじるという意味の尚武(しょうぶ)と同じ読みということから、端午は男の子の節句とされ、成長を祝う行事になったらしいです。そして室町時代になると、武家では端午の節句に、竹竿に布を張った吹き流しを上げるようになり、江戸時代には、武家に対抗して町人も紙で作った鯉のぼりを上げるようになりました。なるほど。

こどもの日とは

こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。」という日で、1948年に国民の祝日として制定されたようです。はじめて知ったよ。

「男の子」とは書かれず「こども」と書かれているので、男女関係なしに祝う日でしょうか。あと、「母に感謝する。」とありますが、母に感謝するのは「母の日」じゃないの??父には感謝しないの??まぁ、こどもの日とか母の日とか、特別な日にだけ感謝するのではなく、毎日感謝しなきゃね。お母ちゃんいつもありがとう。

端午の節句とこどもの日

端午の節句とこどもの日、この2つをお父ちゃんなりにまとめてみると、、、。

端午の節句:男の子の成長をお祝いをする日。

こどもの日:男女関係なしにお祝いをする日。あと、お父さんお母さんに感謝。

まあ何にしても我が家は男の子しかいないので、息子たちの成長を祝いたいと思います。

 

f:id:otohchan3306:20170330185724p:plain

兄弟で共有

さて、兜や鯉のぼりですが、兄弟で共有してもいいのでしょうか。

五月人形や兜には、子どもに降りかかる災厄の身代わりになるという意味があるので、子ども1人に対して1つらしい。

マジか!?もう1つ買うのは、、、うーーん、ちょっと無理。お金の問題もあるけど、飾る場所が我が家にはない。とりあえず、名前旗だけ注文してきました。

鯉のぼりはどうなの?「黄河の上流にある竜門と呼ばれる滝を登りきった鯉が竜になる」という中国の故事「鯉の滝登り」が元となっていて、男の子の出世を願う意味があるそうです。

うーーん、1人に1つじゃなくてもいいよね。兜同様2つも上げる場所ないし。(苦笑)単品の鯉のぼりを追加しよう。

最後に

次男坊の鯉のぼりを買ってきたよ~。 

f:id:otohchan3306:20170329204339j:plain

緑鯉です。かわいい。サイズは1mで、長男のときに購入した青鯉よりひと回り小さいです。早く上げたいですね。楽しみ。