読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お父ちゃんのひとりごと

子育て時々スノーボード

今シーズン最後のスノーボード

どもども、お父ちゃんです。

4月1日、おんたけ2240で今シーズンの滑り納めをしてきました。1人で。出来れば雪友たちと滑りたかった。タイミングが合わず残念。

ゴンドラ山頂のレストラン前にて、トトロと記念撮影。

f:id:otohchan3306:20170406221416j:plain

近くにいた人にお願いして撮ってもらいました。どうもありがとう。

重い雪

前日、雪が降り積雪があったおんたけ2240。ハイシーズンなら「ひゃっほー!」となったお父ちゃん。でも、この時期では、、、。うーーん案の定、水分を多く含んだ重い雪。滑るのしんどい。ホントしんどい。贅沢な願いですが、降らんといて欲しかった。苦笑

ちなみにこの日の2240のHPには、「雪質:新雪パウダー」と書いてありました。パウダー??ふむ・・・。

脚パンパン

この日の一番の目的は、9シーズンぶりに買い替えたバインディングの調子を確かめること。と言っても、何度も言いますが、雪が重い。ただ滑り降りるだけで精一杯。イマイチな滑走技術のお父ちゃん、目一杯脚に力を入れて滑るもんだから、ゴンドラ2回回しただけなのに脚パンパン。汗

 1人で乗っているゴンドラ内で、自撮りなんてしておりますが、このときすでにお父ちゃんの脚は悲鳴を上げておりました。

新しいバインディング

バインディングを買い替えるぞと決めたときに思い浮かんだのが、BURTON MALAVITA Re:FlexBURTON CARTEL Re:Flexです。

カーテルはマラビータと比較すると、少し軽いみたい。ハイバックやベースプレートはマラビータより硬めらしいのですが、両方ともバートンの中では中くらいの硬さになるようです。ミディアムフレックスというヤツですね。

カーテルに関する記事や口コミを見ていると、だいたいどれも、「硬くて反応が早い。」「高速カービングハーフパイプで威力を発揮。」という内容。一方マラビータは、「ホールド性が良い」「足首の自由度が高くスタイルが出しやすい。」という内容。

僕が使用しているボード(RIDE ALTER EGO155)とブーツ(BURTON IMPERIAL)には、どちらも合いそう。基本、まったりスタイルのお父ちゃんにはマラビータのほうがイイかな。

ということで、マラビータに決定しました。

古いバインディング

長年愛用したFLUX STREAM SFは、当時のフラックスのバインディングの中で硬めの部類にあったSTREAMを柔らかめのフレックスに変更したモデル。グラトリ・ジブ・キッカー・フリーラン、オールラウンドに使えるぜ的な謳い文句だったような。違ったかな。何にせよ、お父ちゃん的には扱いやすいお気に入りのバインディングでした。

マラビータの使用感

先にも書きましたが、この日は重い雪質で滑り降りてくるだけで精一杯のお父ちゃん。マラビータの調子を確かめるなんてことは、たいして出来ませんでした。1つ言えることは、バインディングを締めたときの、優しく包み込むようなホールド感は心地よかったね。9年も前のバインディングと比べること自体ナンセンスですが、全然違う。それだけでも、「あぁ、買って良かったな。」と思えました。

ナンセンスと言いながらも、ちょっと比較してみた

まずはハイバックの硬さ。若干マラビータのほうが柔らかい気もするけど、同じくらいかなぁ。

次は重さ。

f:id:otohchan3306:20170406230146j:plain

(ディスクあり。ビスなし。)

マラビータのほうが95g軽い。2つで190gの差。お父ちゃん程度のレベルでは感じることが出来ない差。ていうか影響あるのかな、滑りに。その他「質感」「締めやすさ」「ブーツとの相性」どれをとってもマラビータに軍配が上がる。当たり前ですが。苦笑

ちなみに、ブーツとの相性というのは形状のことです。

最後に

積雪量はたっぷりだったけど、お父ちゃんの苦手な重めの雪で荒れたバーンコンディション。滑走技術の低さ経験値の少なさが顕著に現れたラストランとなりました。くやしい。